Top

俳句初心者の俳句の記録 そして日々の事も少し
by itiko4747
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ:植物 ( 60 ) タグの人気記事
夏 - おおでまり 植田 夏の潮 風薫る



おおでまりたわわに揺れてうすみどり

満目の画布となりたる植田かな

大海のひかりを掬ふ夏の潮

薫風のわたる茶畑海ひかる

f0339278_15505415.jpg



f0339278_15513106.jpg


f0339278_15515768.jpg


f0339278_15522175.jpg
「おおでまり」の写真はありませんでしたので、こでまりの写真を使いました。「夏の潮」は、夏の潮がひかりを掬うというのはおかしい。という事でしたので(句会にて)考え中です。
茶畑は知覧、頴娃の景色です。茶畑の向こうに海と開聞岳。すごく雄大な景色です。
・・一昨日でしたか、鵙の初鳴きをききました。夏の句をいそがないと、秋が深まってしまいそうです。

(2017年)


[PR]
by itiko4747 | 2017-09-17 16:27 |
夏三句 - 夏燕 薄暑 姫女苑
f0339278_13452605.jpg

f0339278_13445227.jpg
夏つばめ潮風を切る胸白し



今年は生まれてはじめて、燕の子育てを観察する事ができました。そして、こんなに燕ってたくさん飛んでいるの?今年は特別?と思うくらい、気が付くと燕たちが空をきって飛んでいました。毎年こうだったんでしょうね。
5月に鹿児島の片浦漁港へ行った時も、顔に当たってきそうな勢いで、燕がたくさん飛んでいました。真っ青な空、燕の白い胸、漁港の風の香、とても印象に残っています。







f0339278_13460770.jpg
外海に日のちらばれる夕薄暑


鹿児島⇔熊本 行き来をするのは距離が長くてしんどいのですが、でも海沿いの道を走るときはいつもワクワクします。今日こそは写真は撮らずに直行(直帰)しようと思ってもなかなかできません。





f0339278_13465621.jpg
熊本地震

瓦礫にも月日流るる姫女苑




2017年 夏の句です


[PR]
by itiko4747 | 2017-09-10 08:00 |
夏五句 - 麦 緑陰 えごの花 立夏 樟若葉
f0339278_16143121.jpg

眼つむりて心ときはなつ麦の風




f0339278_16345980.jpg
緑陰の奥のまた奥鄙の家




f0339278_16212271.jpg
朝かげの籠る白さやえごの花





f0339278_16221111.jpg
海と空分かつ単線夏に入る




f0339278_16224612.jpg
ありなしの風に応ふる樟若葉




2017年 夏五句です





[PR]
by itiko4747 | 2017-09-08 12:01 |
吟行五句 - 木ささげ 青葉木菟 蜻蛉 夏帽子 夏茜
f0339278_16171755.jpg




f0339278_16174639.jpg
木ささげの垂れし御社雨深む

杜の宮いづこに眠る青葉木菟

蜻蛉のすいと遊び来慰霊塔

夏帽子丘を見あぐる少女の目

鎮魂の丘に生まれし夏茜



2015年 吟行五句

初めての吟行でした。あちらこちらを見てまわって、その後に公民館で五句つくりました。・・・といっても、簡単にはできなくて勿論私が一番最後。なんなら公民館に泊まる?などとおどかされ、、苦しかったです!
でも不思議。いつもなら詠まない(詠めない)句材でも、真剣に観察すると句になるものなんですね。いつもは写真が先で句が後になっていますが、たまにはカメラは持たずに、俳句手帳(メモ紙)だけを携えて出かけるといいのかもしれません。


[PR]
by itiko4747 | 2017-09-04 16:52 | 吟行
夏五句 - 茨の花 卯の花 合歓の花 浜木綿 梯梧の花
f0339278_15402940.jpg
学舎の歌わたりくる花茨





f0339278_15405959.jpg
山峡の卯の花明かし峠路






f0339278_15413297.jpg
夕川の瀬音昂ぶる合歓の花






f0339278_15421616.jpg
f0339278_15422362.jpg
浜木綿や猫に鳴かるる裏通り






f0339278_15415368.jpg
花でいご島の夕日の色褪せて




2014年・2015年の夏の句です。


[PR]
by itiko4747 | 2017-07-24 08:00 |
夏五句 - 姫女苑 夏燕 蝸牛 紫陽花 栗の花
f0339278_14273437.jpg
姫女苑夕闇満つる峡田かな






f0339278_14280434.jpg
田の水を搏って風なす夏燕






f0339278_16024702.jpg
見上げたる空の重さや蝸牛






f0339278_14295155.jpg
加へたる紫陽花の色サラダ盛る





f0339278_14302373.jpg
貼りつきし風の重さや栗の花




2015年、夏の句です。カタツムリは偶然写っていないかと、紫陽花を撮った写真を見てみましたが、ありませんでした。残念。







[PR]
by itiko4747 | 2017-07-20 08:00 |
夏五句 - 植田 茨の花 蜜柑の花 若葉 夏薊
f0339278_13123600.jpg
山裾へさみどり渡る植田村





f0339278_13152306.jpg
花うばら隣りの村も水の郷




f0339278_13171503.jpg
胸深くすひたる風の花みかん



f0339278_13174371.jpg
山若葉絵葉書択りし旅の朝




f0339278_13175962.jpg
夏薊棚田ひときは夕映えす



2015年、夏の句です。






[PR]
by itiko4747 | 2017-07-17 13:40 |
夏五句 - 合歓の花 梔子の花 韮の花 あめんぼう
f0339278_10195747.jpg
夕影をいざなふ合歓のうすくれなゐ




f0339278_10201256.jpg
梔子の花の饒舌風わたる




f0339278_10203078.jpg
暁の仄かに韮の花灯り



f0339278_10205185.jpg
あめんぼう湖面を渡る山の風

あめんぼうおのれの影を蹴りつづけ


2014年 夏の句です。




[PR]
by itiko4747 | 2017-07-16 14:12 |
夏五句 - 睡蓮 十薬 南風 空蝉 雲の峰

f0339278_22184477.jpg
睡蓮のひそと影おく水鏡






f0339278_22182769.jpg
十薬の花ほつほつと夕灯り






f0339278_22190665.jpg
ことごとく葉の裏白し大南風






f0339278_22192844.jpg
空蝉のそびらに迫る山のこゑ






f0339278_22194501.jpg
雲の峰廃舎の窓に聳えをり


町の図書館で行われている句会の扉をノックしたのは2013年の年末で、それからは句会と会報に出す句を作る(詠む、ではなくて)のに四苦八苦でした。今もです。↑の句は2014年の夏の句です。覚えたての言葉を使って、季語を使って、何とか十七音にしただけの句ですが、空蝉だけは自分の言葉になったような気がしました。そんなこんなを積み重ねながら、私にとって俳句はますます大事な存在になっています。

先生や先輩方に巡り会えた事を心から感謝しています。





[PR]
by itiko4747 | 2017-07-01 23:25 |
春五句 - 春浅し すかんぽ 八十八夜 春障子 白木蓮
f0339278_16565411.jpg
浅春の梢を横切る雲早し



f0339278_16572445.jpg
すかんぽや所在なげなる夕日色




f0339278_16575487.jpg
風のふとにほふ八十八夜かな



f0339278_16582536.jpg
かたことと風の通へる春障子



f0339278_16585563.jpg
雨風のあとの明るさ白木蓮


[PR]
by itiko4747 | 2017-05-07 22:29 |
| ページトップ |


f0339278_10152415.gif
↑メールはこちらからどうぞ



もうひとつのブログです
写真が主です ↓
「いつかみたソラ」
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
タグ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin