タグ:植物 ( 39 ) タグの人気記事
春 - 三句



見覚えの鉢に咲きけり桜草

山を負ふ農夫や春の虹立ちて

沈丁や夕べにはかに雨意の風



f0339278_16562306.jpg





f0339278_16564656.jpg





f0339278_16570258.jpg

[PR]
by itiko4747 | 2017-04-01 08:00 |
春 - 四句


春の雪調度古りたる喫茶店

囀や木の間に深き空の色

山間のスクールバス往く蕗の薹

熊本地震
梅咲くや面影褪する地震の町




f0339278_13551708.jpg





f0339278_12134486.jpg




f0339278_12141473.jpg




f0339278_12131416.jpg
春の句を四句選びました(2015~2017)。写真はイメージに近いものを選んでいます。
地震からもうすぐ一年。倒壊家屋などの解体作業がすすみ、更地になった土地がたくさんあります。そんな更地に今年も梅の花がとてもきれいでした。でもその美しさが悲しみをよび起します。
山間の・・・の句は去年の春、生まれたての春を探しに、近くの村へ写真を撮りに行った時に見た光景です。「蕗の薹が唐突すぎる」と先生より指摘を受けましたが、季語が動きますね。でもでも自分のなかではこれほどぴったりの季語はないのですが・・・。
桜が散り始めたころにあの地震がおきました。









[PR]
by itiko4747 | 2017-03-25 08:00 |
菜の花


野を分けて道の一筋花菜風


f0339278_11165693.jpg



f0339278_11170144.jpg



f0339278_11170511.jpg



f0339278_11173257.jpg



f0339278_11173571.jpg



f0339278_11173926.jpg



f0339278_11175208.jpg
写真は去年の3月に撮りました。菜の花の道、菜の花の川、何もかもが輝いていました。句もすんなり詠めて、町の句会では皆さんに共感いただき、先生からも褒めていただいてルンルン気分でしたが、その一週間後に熊本地震が、、。去年撮った菜の花の写真は、途中までしか写真ブログに載せる事ができませんでしたので、ここに数枚あげています。今年の川縁には、菜の花のかわりに瓦礫の入った土のう袋が延々とのびています。私の町の写真を撮るにはまだ時間がかかりそう。ですので今年はもうひとつの故郷?になった、南さつま市にてたくさん菜の花の写真を撮ってきました。写真ブログにあげていますので、見ていただけると嬉しいです。




[PR]
by itiko4747 | 2017-03-21 14:05 |
春 - 五句


ひとひらを一片の追ふ梅の朝

背に聞く羽音やはらか蓬摘む

菜の花にどこまで延ぶる肥薩線

鳥影に散りゆく梅の朝かな

御社の絵馬からからと春の風



f0339278_15054631.jpg





f0339278_15065065.jpg


f0339278_15081836.jpg



f0339278_15083643.jpg





f0339278_15094611.jpg
写真はイメージの近いものを選んでいます。
2014年からの春の句を選んでみました。



[PR]
by itiko4747 | 2017-03-19 16:15 |
冬 ー 五句


欄干に漁具干されたる小春かな


凍星や山峡の灯の疎らなる


咲きそめし水仙傾ぐ朝の雨


太々と夫に切られし根深汁


南天の実ほどの雨の粒光る




f0339278_01462086.jpg




f0339278_01464784.jpg




f0339278_01471730.jpg




f0339278_01474830.jpg




f0339278_14252061.jpg

写真はイメージで選んでいます












[PR]
by itiko4747 | 2017-03-11 08:00 | 冬 
奥吉野 - 秋を旅する



行く秋や寺苑を展く梢の影

杉の間の古道まつすぐ秋麗

深吉野の幾山わたる秋日差

風と来て秋声わたる廃校舎

深秋の古道細むる杉の雨

雨に来しさかる紅葉の大伽藍





去年の11月に旅した奈良、和歌山。句にする事でひとつひとつの情景がいよいよ忘れ難いものに。もしまた訪ねる機会があるならば、今度は古道を歩いてみたい。今度の紀伊半島の旅で一番印象深いのは、天川村の洞川温泉です。

写真はその時に撮ったものですが、「杉の間の古道」の写真だけはイメージで選びました。

f0339278_11344944.jpg



f0339278_11352046.jpg



f0339278_11355170.jpg



f0339278_11361350.jpg



f0339278_11363329.jpg



f0339278_11365258.jpg

[PR]
by itiko4747 | 2017-01-19 11:41 |
秋 - 三句
花ジンジャーパフにたつぷり化粧水

日暮れてもふるさと明かし蕎麦の花

山寺の紅葉且つ散る風の音





(2015年秋の句です。写真はイメージに近いものを選んでみました)



f0339278_14413523.jpg




f0339278_14425656.jpg




f0339278_11185027.jpg







[PR]
by itiko4747 | 2017-01-08 08:33 |
銀杏落葉


f0339278_13404499.jpg

一と風に銀杏落葉の降りやまず



落ち葉の中でも銀杏の葉ほど、華やかに散っていくものはないように思う。去年の写真と句ですが、今年もそんな光景を見ることができたことが、とても幸せ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2016-12-13 14:54 | 冬 
鶏頭




f0339278_15315261.jpg

平凡を慈しむなり鶏頭花



平凡でささやかで当たり前の景色を地震で失いました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2016-12-03 15:49 |
青葉雨



f0339278_1515865.jpg

再興をかかぐる鎮守青葉雨





熊本地震のあと、しばらく俳句から遠ざかっていました。(それどころではなかった、というのが本当)
地震の事は詠めないというよりは、詠みたくないと思っていましたし、
変わり果てた町の姿に、心は干からびてしまったかと思っていましたが、
再開した会報に出した句が↑ です。

拙句ばかりですが、またぼちぼち更新してみようと思います。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2016-11-29 15:46 |



俳句初心者の俳句の記録 そして日々の事も少し
by itiko4747
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30