タグ:植物 ( 45 ) タグの人気記事
夏 - 五句
f0339278_14273437.jpg
姫女苑夕闇満つる峡田かな






f0339278_14280434.jpg
田の水を搏って風なす夏燕






f0339278_16024702.jpg
見上げたる空の重さや蝸牛






f0339278_14295155.jpg
加へたる紫陽花の色サラダ盛る





f0339278_14302373.jpg
貼りつきし風の重さや栗の花




2015年、夏の句です。カタツムリは偶然写っていないかと、紫陽花を撮った写真を見てみましたが、ありませんでした。残念。







[PR]
by itiko4747 | 2017-07-20 08:00 |
夏 - 五句
f0339278_13123600.jpg
山裾へさみどり渡る植田村





f0339278_13152306.jpg
花うばら隣りの村も水の郷




f0339278_13171503.jpg
胸深くすひたる風の花みかん



f0339278_13174371.jpg
山若葉絵葉書択りし旅の朝




f0339278_13175962.jpg
夏薊棚田ひときは夕焼す



2015年、夏の句です。






[PR]
by itiko4747 | 2017-07-17 13:40 |
夏 - 五句
f0339278_10195747.jpg
夕影をいざなふ合歓のうすくれなゐ




f0339278_10201256.jpg
梔子の花の饒舌風わたる




f0339278_10203078.jpg
暁の仄かに韮の花灯り



f0339278_10205185.jpg
あめんぼう湖面を渡る山の風

あめんぼうおのれの影を蹴りつづけ


2014年 夏の句です。




[PR]
by itiko4747 | 2017-07-16 14:12 |
夏 - 五句

f0339278_22184477.jpg
睡蓮のひそと影おく水鏡






f0339278_22182769.jpg
十薬の花ほつほつと夕灯り






f0339278_22190665.jpg
ことごとく葉の裏白し大南風






f0339278_22192844.jpg
空蝉のそびらに迫る山のこゑ






f0339278_22194501.jpg
雲の峰廃舎の窓に聳えをり


町の図書館で行われている句会の扉をノックしたのは2013年の年末で、それからは句会と会報に出す句を作る(詠む、ではなくて)のに四苦八苦でした。今もです。↑の句は2014年の夏の句です。覚えたての言葉を使って、季語を使って、何とか十七音にしただけの句ですが、空蝉だけは自分の言葉になったような気がしました。そんなこんなを積み重ねながら、私にとって俳句はますます大事な存在になっています。

先生や先輩方に巡り会えた事を心から感謝しています。





[PR]
by itiko4747 | 2017-07-01 23:25 |
春 - 五句
f0339278_16565411.jpg
浅春の梢を横切る雲早し



f0339278_16572445.jpg
すかんぽや所在なげなる夕日色




f0339278_16575487.jpg
風のふとにほふ八十八夜かな



f0339278_16582536.jpg
かたことと風の通へる春障子



f0339278_16585563.jpg
雨風のあとの明るさ白木蓮


[PR]
by itiko4747 | 2017-05-07 22:29 |
春 - 五句
f0339278_15245432.jpg
花の雨耳やはらかに目覚めけり



f0339278_15254808.jpg
うらぶるるアーケード街のチューリップ



f0339278_15262908.jpg
編みかけの白詰草や夕間暮




f0339278_15265935.jpg
浦の町ちりめんじゃこの目の溢れ



f0339278_15273026.jpg
トンネルを抜けし入江の風光る


爽やかな日が続いています。先日、我が家の猫のいっちゃんが腫瘍摘出手術を受けたので、私は三週間ほどいっちゃんにつきっきりでした。ですので何処へも出かけていないのですが、いっちゃんが日に日に元気になっていくのが今は一番の喜びです。新緑が日に日に緑を増していくように、私の心も昨日よりは今日。今日よりは・・・と明るくなっています。
病院から戻ってきたいっちゃんは、エリザベスカラーの生活に戸惑って、ご飯を食べるのもトイレも手助けが必要でしたが、今ではちょっとバックしてみたり体の位置を変えたりしながら、なかなか賢いのです。でも大好きなグルーミングができないのはかなりのストレスでしょうね。来週あたりカラーを外せたらいいな。

5月5日は立夏。俳句、歳時記に触れていると、季節が人より早く巡ってくるような気がします。まだ今だと春の句を詠んでもおかしくはないのですが、おかしいと感じるようになるのは意外と早くきます。句会も二回休んでしまいましたが、また少しづつ俳句の世界へ戻っていきたいです。本当はこのままずるずると離れていきたいような気もしていましたが、絶妙なタイミングで先生と先生の奥様からお電話があり、引き戻され?ました。

拙句ばかりです。「夕間暮」という言葉以外の言葉がないかと探して諦めたり、再考を指摘された個所をそのまま載せたりしています。文法の間違いだけはないように気をつけていますが、でも強い感動の気持ちがなければ、全く何もない、無、なのですから、何もないところから十七音にまとめる作業を楽しみたいです。でも苦しんでいるときが多いような気がします。おかしいですね~笑





[PR]
by itiko4747 | 2017-05-06 16:41 |
春 - 三句



見覚えの鉢に咲きけり桜草

山を負ふ農夫や春の虹立ちて

沈丁や夕べにはかに雨意の風



f0339278_16562306.jpg





f0339278_16564656.jpg





f0339278_16570258.jpg

[PR]
by itiko4747 | 2017-04-01 08:00 |
春 - 四句


春の雪調度古りたる喫茶店

囀や木の間に深き空の色

山間のスクールバス往く蕗の薹

熊本地震
梅咲くや面影褪する地震の町




f0339278_13551708.jpg





f0339278_12134486.jpg




f0339278_12141473.jpg




f0339278_12131416.jpg
春の句を四句選びました(2015~2017)。写真はイメージに近いものを選んでいます。
地震からもうすぐ一年。倒壊家屋などの解体作業がすすみ、更地になった土地がたくさんあります。そんな更地に今年も梅の花がとてもきれいでした。でもその美しさが悲しみをよび起します。
山間の・・・の句は去年の春、生まれたての春を探しに、近くの村へ写真を撮りに行った時に見た光景です。「蕗の薹が唐突すぎる」と先生より指摘を受けましたが、季語が動きますね。でもでも自分のなかではこれほどぴったりの季語はないのですが・・・。
桜が散り始めたころにあの地震がおきました。









[PR]
by itiko4747 | 2017-03-25 08:00 |
菜の花


野を分けて道の一筋花菜風


f0339278_11165693.jpg



f0339278_11170144.jpg



f0339278_11170511.jpg



f0339278_11173257.jpg



f0339278_11173571.jpg



f0339278_11173926.jpg



f0339278_11175208.jpg
写真は去年の3月に撮りました。菜の花の道、菜の花の川、何もかもが輝いていました。句もすんなり詠めて、町の句会では皆さんに共感いただき、先生からも褒めていただいてルンルン気分でしたが、その一週間後に熊本地震が、、。去年撮った菜の花の写真は、途中までしか写真ブログに載せる事ができませんでしたので、ここに数枚あげています。今年の川縁には、菜の花のかわりに瓦礫の入った土のう袋が延々とのびています。私の町の写真を撮るにはまだ時間がかかりそう。ですので今年はもうひとつの故郷?になった、南さつま市にてたくさん菜の花の写真を撮ってきました。写真ブログにあげていますので、見ていただけると嬉しいです。




[PR]
by itiko4747 | 2017-03-21 14:05 |
春 - 五句


ひとひらを一片の追ふ梅の朝

背に聞く羽音やはらか蓬摘む

菜の花にどこまで延ぶる肥薩線

鳥影に散りゆく梅の朝かな

御社の絵馬からからと春の風



f0339278_15054631.jpg





f0339278_15065065.jpg


f0339278_15081836.jpg



f0339278_15083643.jpg





f0339278_15094611.jpg
写真はイメージの近いものを選んでいます。
2014年からの春の句を選んでみました。



[PR]
by itiko4747 | 2017-03-19 16:15 |



俳句初心者の俳句の記録 そして日々の事も少し
by itiko4747
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31