Top

俳句初心者の俳句の記録 そして日々の事も少し
by itiko4747
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ:地理 ( 12 ) タグの人気記事
秋 - 新涼 紫苑 稲田


涼新た折り目正しく服たたむ


乾びたる風に紫苑の戦ぎかな


稲稔り静かな町になりにけり

f0339278_14282454.jpg


三句目について。「稲刈って、だと解るが」という先生のお言葉でしたが、稲が実ると家々が遠くに小さく見え、なんだか音のない世界のように感じるのは私だけなのかな?稲刈って、では自分の中で感じたものと違う景色になっていまう。と思う。でもやはりちぐはぐな感じもするし・・・。あとの二句も再考せよ、との事でした。でも考えていたらもう冬になってしまったので、急がなきゃいけませんね。



[PR]
by itiko4747 | 2017-11-24 14:36 |
夏 - 片蔭 雲の峰 夏の岬 草いきれ



片蔭のペットボトルの濁りかな

崩れゆく雲に聳ゆる雲の峰

青岬雲累累と浮かびをり

草いきれ川上に雲湧き上がり



f0339278_13553328.jpg



f0339278_13555981.jpg




f0339278_13562373.jpg




f0339278_13553797.jpg
夏の空、入道雲、見ても見ても見飽きる事がありません。
(2017年)



[PR]
by itiko4747 | 2017-09-19 08:00 |
夏 - おおでまり 植田 夏の潮 風薫る



おおでまりたわわに揺れてうすみどり

満目の画布となりたる植田かな

大海のひかりを掬ふ夏の潮

薫風のわたる茶畑海ひかる

f0339278_15505415.jpg



f0339278_15513106.jpg


f0339278_15515768.jpg


f0339278_15522175.jpg
「おおでまり」の写真はありませんでしたので、こでまりの写真を使いました。「夏の潮」は、夏の潮がひかりを掬うというのはおかしい。という事でしたので(句会にて)考え中です。
茶畑は知覧、頴娃の景色です。茶畑の向こうに海と開聞岳。すごく雄大な景色です。
・・一昨日でしたか、鵙の初鳴きをききました。夏の句をいそがないと、秋が深まってしまいそうです。

(2017年)


[PR]
by itiko4747 | 2017-09-17 16:27 |
夏五句 - 植田 茨の花 蜜柑の花 若葉 夏薊
f0339278_13123600.jpg
山裾へさみどり渡る植田村





f0339278_13152306.jpg
花うばら隣りの村も水の郷




f0339278_13171503.jpg
胸深くすひたる風の花みかん



f0339278_13174371.jpg
山若葉絵葉書択りし旅の朝




f0339278_13175962.jpg
夏薊棚田ひときは夕映えす



2015年、夏の句です。






[PR]
by itiko4747 | 2017-07-17 13:40 |
秋五句 - 冷やか 刈田 蕎麦の花 名月 秋の田

冷やかに杉の香のたつ峠道

カルデラの刈田平らぐ吉都線

山の日の翳りて蕎麦畑うすみどり

名月や海に聳ゆる桜島

空広し在所へだてて田色づく





下手な句ばかりですが、強く心に残る情景や匂い、ひとすじの風の感触や音、そのようなものを自分なりに詠んでいるつもりですが、風景写真が好きだからかな、、、風景俳句ばかりです。先生より指摘されている一文字など、考えても出てこないところはそのままです。ある日、炊事をしている時などにひょっこりと、考えが浮かぶかもしれません。
(写真はイメージに近いものを選んでいます)

f0339278_1312899.jpg
f0339278_1321459.jpg
f0339278_1325589.jpg
f0339278_1332470.jpg
f0339278_1345061.jpg




[PR]
by itiko4747 | 2017-01-10 07:59 |
田水引く

 
      熊本地震


激震を耐へて田の水引かれけり




「田水引く」は夏の季語である「代田」の傍題。年末に季節を大きくはずれてしまいましたが、今年の私にはこの句が全て。田植えは無理かもしれない、とニュース等で伝えられてきましたが、一枚、また一枚と水が張られていく様には胸が熱くなりました。もちろん張れなかった田もあります。
写真はありません。写真もすこしづつ楽しめるようになりましたが、やっぱり私にとっては俳句が生きがいです。




・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2016-12-28 13:18 |
冬の波




f0339278_12335647.jpg

冬濤の高みにけぶる岬山








俳句の先輩であるM子さんよりお借りした本です。
f0339278_12344594.jpg

大和言葉が日本人の心に染みるのは
日本の風土の中で生まれた言葉だから
大和言葉はその一音一音が
先祖たちの感性の投影であるから
・・・この本の「はじめに」にそう書いてありました。納得です

f0339278_1235818.jpg

[PR]
by itiko4747 | 2015-02-08 05:00 | 冬 
秋の海




f0339278_16312047.jpg

岩礁の影より暮るる秋の海






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-11-13 16:35 |
早苗田




f0339278_12585413.jpg

早苗田の展ごる水に雲と空  






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-11-07 13:25 |
早苗田




f0339278_1343286.jpg

水たたへ早苗田遙かうすみどり


田んぼから里から山から空から、景色がぜーんぶ薄緑に見える時があります。
田植えが終わったばかりの、曇り、または雨の日。
ざーざー降りでは駄目で、苗が育ってしまっても駄目で、
ですので、ほんの何日しかありません。
(写真はイメージとは違うものですが、他になかったので・・・)
7月の例会に出した句です。
今の季節に合った句を投稿できるといいのですが・・・ずっとこんな感じになりそうです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-11-04 14:45 |
| ページトップ |


f0339278_10152415.gif
↑メールはこちらからどうぞ



もうひとつのブログです
写真が主です ↓
「いつかみたソラ」
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
タグ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin