Top

俳句初心者の俳句の記録 そして日々の事も少し
by itiko4747
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
奥吉野、秋を旅して六句 - 行く秋 秋麗 秋の日 秋声 深秋 紅葉 



行く秋や寺苑を展く梢の影

杉の間の古道まつすぐ秋麗

深吉野の幾山わたる秋日差

風と来て秋声わたる廃校舎

深秋の古道細むる杉の雨

雨に来しさかる紅葉の大伽藍





去年の11月に旅した奈良、和歌山。句にする事でひとつひとつの情景がいよいよ忘れ難いものに。もしまた訪ねる機会があるならば、今度は古道を歩いてみたい。今度の紀伊半島の旅で一番印象深いのは、天川村の洞川温泉です。

写真はその時に撮ったものですが、「杉の間の古道」の写真だけはイメージで選びました。

f0339278_11344944.jpg



f0339278_11352046.jpg



f0339278_11355170.jpg



f0339278_11361350.jpg



f0339278_11363329.jpg



f0339278_11365258.jpg

[PR]
# by itiko4747 | 2017-01-19 11:41 |
秋五句 - 冷やか 刈田 蕎麦の花 名月 秋の田

冷やかに杉の香のたつ峠道

カルデラの刈田平らぐ吉都線

山の日の翳りて蕎麦畑うすみどり

名月や海に聳ゆる桜島

空広し在所へだてて田色づく





下手な句ばかりですが、強く心に残る情景や匂い、ひとすじの風の感触や音、そのようなものを自分なりに詠んでいるつもりですが、風景写真が好きだからかな、、、風景俳句ばかりです。先生より指摘されている一文字など、考えても出てこないところはそのままです。ある日、炊事をしている時などにひょっこりと、考えが浮かぶかもしれません。
(写真はイメージに近いものを選んでいます)

f0339278_1312899.jpg
f0339278_1321459.jpg
f0339278_1325589.jpg
f0339278_1332470.jpg
f0339278_1345061.jpg




[PR]
# by itiko4747 | 2017-01-10 07:59 |
秋三句 - ジンジャーの花 蕎麦の花 紅葉且つ散る
花ジンジャーパフにたつぷり化粧水

日暮れてもふるさと明かし蕎麦の花

山寺の紅葉且つ散る風の音





(2015年秋の句です。写真はイメージに近いものを選んでみました)



f0339278_14413523.jpg




f0339278_14425656.jpg




f0339278_11185027.jpg







[PR]
# by itiko4747 | 2017-01-08 08:33 |
秋五句 - 秋澄む 鵙 十月 秋の雷 稲刈る


清秋や畳に風のとほり道

鵙に明け鵙に一と日の暮れにけり

十月や里曲の蔵のなまこ壁

深山田の稔りをせかす秋の雷

稲刈られ大きな月のあがりけり






2015年の秋の句です。句会や会報に出したものです。写真はイメージに近いものから選びました。
f0339278_15445412.jpg



f0339278_12232456.jpg



f0339278_1224734.jpg



f0339278_12243339.jpg



f0339278_122515100.jpg

[PR]
# by itiko4747 | 2017-01-07 12:35 |
田水引く

 
      熊本地震


激震を耐へて田の水引かれけり




「田水引く」は夏の季語である「代田」の傍題。年末に季節を大きくはずれてしまいましたが、今年の私にはこの句が全て。田植えは無理かもしれない、とニュース等で伝えられてきましたが、一枚、また一枚と水が張られていく様には胸が熱くなりました。もちろん張れなかった田もあります。
写真はありません。写真もすこしづつ楽しめるようになりましたが、やっぱり私にとっては俳句が生きがいです。




・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by itiko4747 | 2016-12-28 13:18 |
| ページトップ |


f0339278_10152415.gif
↑メールはこちらからどうぞ



もうひとつのブログです
写真が主です ↓
「いつかみたソラ」
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
タグ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin