Top

俳句初心者の俳句の記録 そして日々の事も少し
by itiko4747
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
秋五句 - 冷やか 刈田 蕎麦の花 名月 秋の田

冷やかに杉の香のたつ峠道

カルデラの刈田平らぐ吉都線

山の日の翳りて蕎麦畑うすみどり

名月や海に聳ゆる桜島

空広し在所へだてて田色づく





下手な句ばかりですが、強く心に残る情景や匂い、ひとすじの風の感触や音、そのようなものを自分なりに詠んでいるつもりですが、風景写真が好きだからかな、、、風景俳句ばかりです。先生より指摘されている一文字など、考えても出てこないところはそのままです。ある日、炊事をしている時などにひょっこりと、考えが浮かぶかもしれません。
(写真はイメージに近いものを選んでいます)

f0339278_1312899.jpg
f0339278_1321459.jpg
f0339278_1325589.jpg
f0339278_1332470.jpg
f0339278_1345061.jpg




[PR]
# by itiko4747 | 2017-01-10 07:59 |
秋三句 - ジンジャーの花 蕎麦の花 紅葉且つ散る
花ジンジャーパフにたつぷり化粧水

日暮れてもふるさと明かし蕎麦の花

山寺の紅葉且つ散る風の音





(2015年秋の句です。写真はイメージに近いものを選んでみました)



f0339278_14413523.jpg




f0339278_14425656.jpg




f0339278_11185027.jpg







[PR]
# by itiko4747 | 2017-01-08 08:33 |
秋五句 - 秋澄む 鵙 十月 秋の雷 稲刈る


清秋や畳に風のとほり道

鵙に明け鵙に一と日の暮れにけり

十月や里曲の蔵のなまこ壁

深山田の稔りをせかす秋の雷

稲刈られ大きな月のあがりけり






2015年の秋の句です。句会や会報に出したものです。写真はイメージに近いものから選びました。
f0339278_15445412.jpg



f0339278_12232456.jpg



f0339278_1224734.jpg



f0339278_12243339.jpg



f0339278_122515100.jpg

[PR]
# by itiko4747 | 2017-01-07 12:35 |
田水引く

 
      熊本地震


激震を耐へて田の水引かれけり




「田水引く」は夏の季語である「代田」の傍題。年末に季節を大きくはずれてしまいましたが、今年の私にはこの句が全て。田植えは無理かもしれない、とニュース等で伝えられてきましたが、一枚、また一枚と水が張られていく様には胸が熱くなりました。もちろん張れなかった田もあります。
写真はありません。写真もすこしづつ楽しめるようになりましたが、やっぱり私にとっては俳句が生きがいです。




・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by itiko4747 | 2016-12-28 13:18 |
十二月




f0339278_13465715.jpg

さまざまの赤き実の生る十二月




……

T M様

メッセージありがとうございました。とても嬉しかったです。お返事を送信したのですが、何故かエラーになってしまいました。それでここに書くことにしました。
俳句を始められたとの事、またまた嬉しいです!私などと違って、たくさんの言葉をお持ちなので、きっと俳句の世界を自由にすいすいと泳いでいらっしゃるのではないかなと想像しています。
楽しみですね。




………




[PR]
# by itiko4747 | 2016-12-18 13:10 | 冬 
| ページトップ |


f0339278_10152415.gif
↑メールはこちらからどうぞ



もうひとつのブログです
写真が主です ↓
「いつかみたソラ」
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
タグ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin