<   2014年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧
ユッカ



花ユッカ心尖るをまあるくす






・・・・・・・・・・・・・・・・・・


俳句を始めてから知った花のひとつ「ユッカ」
公園などによく咲いているよ、と句会で教えてもらいましたが
出逢う機会がなかなかありませんでした

鹿児島へ行った時に(初秋の頃)
あちこち咲いているユッカを発見
葉っぱの先に触れてみると痛いほど尖っている
公園などに咲いていたら、子どもが怪我しそうです

f0339278_1022161.jpg

花はといいますと、
清楚な白い紡錘状の花が
まるでうつむいているように、たくさん咲きます

葉っぱはあんなに尖っていても
こんなに綺麗な花を咲かせるんですね

まあるくす、という表現は先生より何か言われるかも
と、想像していたのですがやはり指摘を受けました
それでもやっぱり、まあるくすがいい→強情
f0339278_102214.jpg



背が高いんですよね


f0339278_1012163.jpg


花はいいですね

[PR]
by itiko4747 | 2014-11-30 10:33 |
稲刈





f0339278_1347158.jpg

稲刈つて端山の風を迎へけり



稲刈りが済んで田を覆うものがなくなると、道がまっすぐに山へと伸びます。
黄金色の景色は消え寂しげではあるが、冬を迎える心構えのようなものを田の景色に感じ取ります。
最初はそんな気持ちをたくさん詰め込んだ句でしたが、何日も考えて、先生に教えていただいたように余計な言葉を省いて省いて。そうやってできた句ですが、初めて自分で「できた!」と感じた句です。
11月6日の句会で先生は「なんも言うことはない、今日の二重丸」と誉めてくださいました。一音の大切さ、どういう言葉を選ぶのか、詩情を大切に。
先生からはたくさんの事を教えていただきました。これからももっと先生のもとで勉強したいと思っていました。先生の頭の中にある言葉をひとつでも多く授かりたい、そんな気持ちでした。
脳梗塞の後遺症を乗り越えてこられたのですが、今度は脳出血。11月20日の句会はお会いできませんでした。
娘さんから病状をお聞きしました。現実を受け止められずにいます。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-11-28 13:32 |
彼岸花




f0339278_12472666.jpg

ここよりは火の川となり曼珠沙華
人住まぬ家かたまりて曼珠沙華


写真は私が住んでいる町の景色です。彼岸花が川の形を成しているように見えます。撮るのは小雨くらいがちょうどよいと思います。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-11-23 15:26 |
望の月




  山の端の紺ひきしむる望の月




f0339278_10153475.jpg

f0339278_1011578.jpg


昨日の句の詠み直しです
あまり扱っていると
やっぱり最初のがよかった、という事になりますね
[PR]
by itiko4747 | 2014-11-16 10:42 |
満月




f0339278_10441543.jpg

山の端の紺ひきしむる望の月






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-11-15 10:51 |
秋の海




f0339278_16312047.jpg

岩礁の影より暮るる秋の海






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-11-13 16:35 |
お花たち



f0339278_14354466.jpg

散歩道で摘んだ小待宵草と白粉花
昨夜撮りました 




こちらは今朝撮ったもの
朝の光りがとても気持ちよい
f0339278_1528870.jpg


散歩道の紫苑、なずな、それと
なずなによく似た黄色い花はイヌナズナ
この写真ではわかりませんが、とても可愛い花です


花はいいですね
[PR]
by itiko4747 | 2014-11-12 14:55 | 未分類
藤袴



f0339278_1315257.jpg

藤袴ひねもす雨に昏みゐて




10月の初旬、庭に咲いた藤袴を摘んで窓辺に。暗い写真になりましたが。
藤袴は秋の七草のひとつで、葉は乾燥するとふくよかな香りがするそうです。
この時はまだ蕾でしたが、花が咲くとどことなく繍線菊(しもつけ)の花に似ているような・・・
でも、繍線菊が派手に思えるくらい、それほど藤袴は地味な花です。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-11-11 13:46 |



f0339278_123355.jpg


11月7日は立冬。熊本の紅葉はこれからでしょうか。
好きな冬の句を。


【福田甲子雄 現代俳句コレクションより】

冬の濤目つむり耐へる家ばかり

年暮るる振り向きざまに駒ヶ嶽

雨の野を越えて雪ふる谷に入る

寒灯を消す紐たるる枕上

盆地は灯の海山脈は寒茜

山はるかなり冬日また遙かかな

作ること書くこと必死冬迫る

人肌にふるるいのちのあたたかし






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-11-09 12:31 | 好きな俳人・句
早苗田




f0339278_12585413.jpg

早苗田の展ごる水に雲と空  






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-11-07 13:25 |



俳句初心者の俳句の記録 そして日々の事も少し
by itiko4747
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
f0339278_10152415.gif
↑メールはこちらからどうぞ



もうひとつのブログです
写真が主です ↓
「いつかみたソラ」
カテゴリ
はじめまして
新年



冬 
学んだこと
好きな俳人・句
本・句集
吟行
未分類
最新の記事
夏 - 片蔭 雲の峰 夏の岬..
at 2017-09-19 08:00
夏 - 梯梧 雲の峰 萱草の花
at 2017-09-18 08:00
夏 - おおでまり 植田 夏..
at 2017-09-17 16:27
夏三句 - 夏燕 薄暑 姫女苑
at 2017-09-10 08:00
夏五句 - 麦 緑陰 えごの..
at 2017-09-08 12:01
以前の記事
2017年 09月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
タグ
(52)
(20)
(19)
(15)
(12)
(11)
(10)
(4)
(3)
(3)
(1)
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル