Top

俳句初心者の俳句の記録 そして日々の事も少し
by itiko4747
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ:秋( 27 )
彼岸花




f0339278_12472666.jpg

ここよりは火の川となり曼珠沙華
人住まぬ家かたまりて曼珠沙華


写真は私が住んでいる町の景色です。彼岸花が川の形を成しているように見えます。撮るのは小雨くらいがちょうどよいと思います。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-11-23 15:26 |
望の月




  山の端の紺ひきしむる望の月




f0339278_10153475.jpg

f0339278_1011578.jpg


昨日の句の詠み直しです
あまり扱っていると
やっぱり最初のがよかった、という事になりますね
[PR]
by itiko4747 | 2014-11-16 10:42 |
満月




f0339278_10441543.jpg

山の端の紺ひきしむる望の月






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-11-15 10:51 |
秋の海




f0339278_16312047.jpg

岩礁の影より暮るる秋の海






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-11-13 16:35 |
藤袴



f0339278_1315257.jpg

藤袴ひねもす雨に昏みゐて




10月の初旬、庭に咲いた藤袴を摘んで窓辺に。暗い写真になりましたが。
藤袴は秋の七草のひとつで、葉は乾燥するとふくよかな香りがするそうです。
この時はまだ蕾でしたが、花が咲くとどことなく繍線菊(しもつけ)の花に似ているような・・・
でも、繍線菊が派手に思えるくらい、それほど藤袴は地味な花です。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-11-11 13:46 |
蕎麦の花



f0339278_12531591.jpg

背負ふ山の藍うすうすと蕎麦の花


近所に一枚だけ、ぽつりと蕎麦畑が残っています。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-10-20 12:59 |
冬支度





冬支度風かさかさと囁けり

(席題  “囁く”)


f0339278_12312.jpg



再開します
お休みしている間も、句会に行き自分流の勉強をし
寝ても覚めても、、みたいな状態が続いていましたが
でも、少しも進歩ありません
それどころか最近全然できないんです
でも、俳句のおかげなのか
目も心も曇っている今の自分を
客観的に見ていようと思います
ですので、投げ出さずにこつこつとやっていこうと思います


これからは、少し肩の力を抜いて続けたいなと思っています
[PR]
by itiko4747 | 2014-10-17 12:25 |
| ページトップ |


f0339278_10152415.gif
↑メールはこちらからどうぞ



もうひとつのブログです
写真が主です ↓
「いつかみたソラ」
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
タグ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin