Top

俳句初心者の俳句の記録 そして日々の事も少し
by itiko4747
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:夏( 30 )
花合歓




f0339278_1023836.jpg

花合歓の日暮れを早む山の雨






今年は合歓の花をよく見かけました。
雨にけぶると、まわりの景色が紅色に染まるような気がしました。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-07-04 10:31 |
姫女菀





f0339278_1365029.jpg

姫女菀家路に揃ふ草の丈



少し前ですが、気がついたらどこもかしこも姫女菀。そんな時がありました。
特に夕方の、家へ向かう景色の中で賑やかでした。
白い小さな花がゆらゆら揺れている姿を見ると、心がふっと明るくなります。
暮らしの中の花、いつもそう感じます。

そしてある日突然、刈られてしまう。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-07-01 13:46 |
栗の花

f0339278_1117433.jpg



f0339278_11192890.jpg

栗の花しめりおびたる髪の如




今年の栗の花には凄みのようなものを感じます。うねって、うねりまくって。


f0339278_12543097.jpg

[PR]
by itiko4747 | 2014-06-21 11:09 |
花南天




f0339278_14435711.jpg

南天の花のさかりを人しらず






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-06-20 10:43 |
薄衣





f0339278_13283673.jpg

アガパンサス霖雨にほどく薄衣


庭のアガパンサスがそおっと苞を脱ぎました。梅雨の朝です。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-06-19 14:30 |
若竹



f0339278_1211926.jpg

高々と若竹風にしなりけり




竹がしなる様は見飽きません。絶対何かいる!って思いながら見ています。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-06-18 12:04 |
繍線菊(しもつけ)



f0339278_10415224.jpg

繍線菊の毛先にまろぶ雨淡し




庭に咲いた「しもつけの花」をじーっと見てると、こんな風に見えました。句になっているのかどうかは、句会に出してみないとわかりませんが、とってくださる人がいて初めて句になったと思えます。私のような初心者はなおの事。先生が指導されている、もうひとつの句会に出しました。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-06-15 10:47 |
聖五月



f0339278_9413861.jpg



f0339278_9411724.jpg

聖五月野山さざめき天青し




昨日(6月5日)の句会には行きたくなかった。なんとか苦し紛れの四句揃える事ができても、来週、別の句会に出す五句がない。その後すぐに会報にも出さないと、、、と余裕がなくて、俳句を楽しめなくなってきた。そもそも初心者なのに、二つも入会するなんてやっぱり無理だったのかも、、
そう先生に伝えましたが「なんでもいいから、作って持っておいで」と軽く一言でおしまい。

でも、昨日は出席して本当によかった。皆さんの句を書き写したノートを何度も読みなおしました。再び感動。心が浄化されたような気がして、そして私ももう一度俳句を詠みたいと思ってる。


先日ネットで見つけた藤田あけ烏「俳句道場」の書き起こし。
とても心に残りました。忘れないために記録としてここに。


“季節(自然)の分身である、言葉としての季語
有限である自分の命の刻みというものを
知らしめ感じさせてくれる季語というものを鍵(キー)にして、
俳句そのものを開いていく
作るというよりも鍵(キー)で開いていく、と僕は思う
開くとは、自分の持っている何かの思いというものを季語に託すということ
そういう思いで俳句を作っていくことになると、
ただ単に遊びや楽しみでやっているのではなくて、
自分の寝食と同じような思いになってくる
非常に大きな喜びに変る”

季語の大切さをもう一度、強く感じました。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-06-06 12:17 |
卯の花





f0339278_1812627.jpg

夕影に卯の花明かし峡の路





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-05-27 04:00 |
桐の花



f0339278_9503765.jpg

桐の花遠見の山にありてこそ


初めて桐の花を見たときの感動は、今でもよく覚えています。小さな杉山に負けないくらい大きくて、堂々としていて、そして枝を広げた先に薄紫の花。この木は、この花は何という名前なんだろう。家に戻って調べてみて「ああ、これが桐なんだ」と知ったときの驚き。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







2014/05/01
[PR]
by itiko4747 | 2014-05-15 04:00 |
| ページトップ |


f0339278_10152415.gif
↑メールはこちらからどうぞ



もうひとつのブログです
写真が主です ↓
「いつかみたソラ」
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
タグ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin