カテゴリ:夏 ( 17 )
田水引く

 
      熊本地震


激震を耐へて田の水引かれけり




「田水引く」は夏の季語である「代田」の傍題。年末に季節を大きくはずれてしまいましたが、今年の私にはこの句が全て。田植えは無理かもしれない、とニュース等で伝えられてきましたが、一枚、また一枚と水が張られていく様には胸が熱くなりました。もちろん張れなかった田もあります。
写真はありません。写真もすこしづつ楽しめるようになりましたが、やっぱり私にとっては俳句が生きがいです。




・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2016-12-28 13:18 |
青葉雨



f0339278_1515865.jpg

再興をかかぐる鎮守青葉雨





熊本地震のあと、しばらく俳句から遠ざかっていました。(それどころではなかった、というのが本当)
地震の事は詠めないというよりは、詠みたくないと思っていましたし、
変わり果てた町の姿に、心は干からびてしまったかと思っていましたが、
再開した会報に出した句が↑ です。

拙句ばかりですが、またぼちぼち更新してみようと思います。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2016-11-29 15:46 |
ユッカ



花ユッカ心尖るをまあるくす






・・・・・・・・・・・・・・・・・・


俳句を始めてから知った花のひとつ「ユッカ」
公園などによく咲いているよ、と句会で教えてもらいましたが
出逢う機会がなかなかありませんでした

鹿児島へ行った時に(初秋の頃)
あちこち咲いているユッカを発見
葉っぱの先に触れてみると痛いほど尖っている
公園などに咲いていたら、子どもが怪我しそうです

f0339278_1022161.jpg

花はといいますと、
清楚な白い紡錘状の花が
まるでうつむいているように、たくさん咲きます

葉っぱはあんなに尖っていても
こんなに綺麗な花を咲かせるんですね

まあるくす、という表現は先生より何か言われるかも
と、想像していたのですがやはり指摘を受けました
それでもやっぱり、まあるくすがいい→強情
f0339278_102214.jpg



背が高いんですよね


f0339278_1012163.jpg


花はいいですね

[PR]
by itiko4747 | 2014-11-30 10:33 |
早苗田




f0339278_12585413.jpg

早苗田の展ごる水に雲と空  






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-11-07 13:25 |
早苗田




f0339278_1343286.jpg

水たたへ早苗田遙かうすみどり


田んぼから里から山から空から、景色がぜーんぶ薄緑に見える時があります。
田植えが終わったばかりの、曇り、または雨の日。
ざーざー降りでは駄目で、苗が育ってしまっても駄目で、
ですので、ほんの何日しかありません。
(写真はイメージとは違うものですが、他になかったので・・・)
7月の例会に出した句です。
今の季節に合った句を投稿できるといいのですが・・・ずっとこんな感じになりそうです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-11-04 14:45 |
祭囃子

f0339278_1150288.jpg

ペン擱きて祭囃子の遠音かな







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-11-03 11:55 |
花南天



f0339278_6212589.jpg

花南天訪ふ人もなき夕の雨





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-07-10 11:49 |
花合歓




f0339278_1023836.jpg

花合歓の日暮れを早む山の雨






今年は合歓の花をよく見かけました。
雨にけぶると、まわりの景色が紅色に染まるような気がしました。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-07-04 10:31 |
姫女菀





f0339278_1365029.jpg

姫女菀家路に揃ふ草の丈



少し前ですが、気がついたらどこもかしこも姫女菀。そんな時がありました。
特に夕方の、家へ向かう景色の中で賑やかでした。
白い小さな花がゆらゆら揺れている姿を見ると、心がふっと明るくなります。
暮らしの中の花、いつもそう感じます。

そしてある日突然、刈られてしまう。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-07-01 13:46 |
栗の花

f0339278_1117433.jpg



f0339278_11192890.jpg

栗の花しめりおびたる髪の如




今年の栗の花には凄みのようなものを感じます。うねって、うねりまくって。


f0339278_12543097.jpg

[PR]
by itiko4747 | 2014-06-21 11:09 |



俳句初心者の俳句の記録 そして日々の事も少し
by itiko4747
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31