2017年 07月 01日 ( 1 )
夏 - 五句

f0339278_22184477.jpg
睡蓮のひそと影おく水鏡






f0339278_22182769.jpg
十薬の花ほつほつと夕灯り






f0339278_22190665.jpg
ことごとく葉の裏白し大南風






f0339278_22192844.jpg
空蝉のそびらに迫る山のこゑ






f0339278_22194501.jpg
雲の峰廃舎の窓に聳えをり


町の図書館で行われている句会の扉をノックしたのは2013年の年末で、それからは句会と会報に出す句を作る(詠む、ではなくて)のに四苦八苦でした。今もです。↑の句は2014年の夏の句です。覚えたての言葉を使って、季語を使って、何とか十七音にしただけの句ですが、空蝉だけは自分の言葉になったような気がしました。そんなこんなを積み重ねながら、私にとって俳句はますます大事な存在になっています。

先生や先輩方に巡り会えた事を心から感謝しています。





[PR]
by itiko4747 | 2017-07-01 23:25 |



俳句初心者の俳句の記録 そして日々の事も少し
by itiko4747
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31