Top

俳句初心者の俳句の記録 そして日々の事も少し
by itiko4747
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
秋 - 新涼 紫苑 稲田


涼新た折り目正しく服たたむ


乾びたる風に紫苑の戦ぎかな


稲稔り静かな町になりにけり

f0339278_14282454.jpg


三句目について。「稲刈って、だと解るが」という先生のお言葉でしたが、稲が実ると家々が遠くに小さく見え、なんだか音のない世界のように感じるのは私だけなのかな?稲刈って、では自分の中で感じたものと違う景色になっていまう。と思う。でもやはりちぐはぐな感じもするし・・・。あとの二句も再考せよ、との事でした。でも考えていたらもう冬になってしまったので、急がなきゃいけませんね。



[PR]
by itiko4747 | 2017-11-24 14:36 |
<< 冬 - 冬菜 南天の実 小春 | ページトップ | 秋 - 秋風 秋草 荻  >>


f0339278_10152415.gif
↑メールはこちらからどうぞ



もうひとつのブログです
写真が主です ↓
「いつかみたソラ」
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
タグ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin