Top

俳句初心者の俳句の記録 そして日々の事も少し
by itiko4747
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
春四句 ー 鳥帰る 山火 蒲公英 春めく


雲切れて大きな夕日鳥帰る

肥後の牛山火背負ひて草を食み

道の辺の白蒲公英のほぐれをり

熊本地震
春めきて開園まぢか動物園



f0339278_15405815.jpg




f0339278_15411361.jpg





f0339278_16342428.jpg





f0339278_15403250.jpg
雲切れて大きな夕日鳥帰る・・・鶴の越冬地である、鹿児島県出水市を通過中、鶴が隊列を組んで飛んでいきました。これが引鶴?、鶴が飛んでいる姿を見るのは初めてです。丁度、大きな夕日が沈みかけてとても美しかったので、何とか句にできないかなと考えて詠んだ句なのですが、あとでよく考えると、北帰行のため飛び立つのは朝からお昼にかけてのようなので、勘違いの句という事になります。
最後の句は、動植物園が一部再園されると聞いた時の喜びをそのまま句に。




[PR]
by itiko4747 | 2017-03-28 08:00 |
<< 春三句 - 桜草 春の虹 沈丁花 | ページトップ | 春四句 - 春の雪 囀 蕗の薹 梅 >>


f0339278_10152415.gif
↑メールはこちらからどうぞ



もうひとつのブログです
写真が主です ↓
「いつかみたソラ」
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
タグ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin