楝の実




f0339278_16325923.jpg

見上げたる空に幾千楝の実


栴檀の木が好きで、それは子どもの頃の淡い思い出に繋がっていくからなのです。
栴檀(楝)を詠んだ句に、“家郷、家路、遥か”などの言葉を見つけた時は、
同じような思いを抱えて詠まれたのかと、嬉しくなります。

栴檀の実のなる空を、何度も見上げてきたけれど、
見ても見ても見足りないような思いになります。


今日の句会の席題は「寒椿」「風」でした。
自分でも気持ちが集中していないのがわかっていて、本当に駄目な一日でした。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2015-01-15 16:56 |
<< 干大根 冬銀河 >>



俳句初心者の俳句の記録 そして日々の事も少し
by itiko4747
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
f0339278_10152415.gif
↑メールはこちらからどうぞ



もうひとつのブログです
写真が主です ↓
「いつかみたソラ」
カテゴリ
はじめまして
新年



冬 
学んだこと
好きな俳人・句
本・句集
未分類
最新の記事
春 - 三句
at 2017-04-01 08:00
春 - 四句
at 2017-03-28 08:00
春 - 四句
at 2017-03-25 08:00
菜の花
at 2017-03-21 14:05
春 - 五句
at 2017-03-19 16:15
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
タグ
(39)
(14)
(13)
(12)
(11)
(8)
(4)
(3)
(3)
(3)
(1)
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル