穂絮



f0339278_14315311.jpg

旅もよひ風に穂絮のひとゆれす





昨日(12月4日)は句会でした。先生不在の句会は2回目です。当初の深刻な状況からすると、少し明るい兆しが見えてきました。話す事も書くことも駄目だろう、多分物事を理解できないのではないか。お身内の方からそう聞かされていました。
でも昨日の句会で知ったのですが、自分のお名前、生年月日も言えるそうなんです!お箸を使って食事もされるそう。そして一番嬉しいのは、句集を読んでいらっしゃるそうなんです。
脳梗塞、そして今度は脳出血。90歳という年齢や受けたダメージの大きさを考えると、奇跡のようです。

昨日は持ち寄った四句を互選して、選評しあいました。先生の事を詠みたかったけれど、どう詠めばいいのかわからなくて、、、。
一人の方が「師の病・・・・」と詠んでおられとても感動しました。いつもいつも感じるのですが、やはり70代80代の方の句は、重みがあって私には崇高ですらあります。(何故か60代の会員がいない)
こういう年の重ね方をしたいと思う人ばかりに囲まれ、幸せです。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-12-05 15:46 |
<< 煮凝り ユッカ >>



俳句初心者の俳句の記録 そして日々の事も少し
by itiko4747
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31