徒然と


f0339278_11294862.jpg



先生がコピーしてくださった「有働 亨指導語録」に

“客観的に、具象を重んじながらモノを観るのが基礎
「俳詩の俳句」へ行くには、「俳句の俳句」の具象のプロセスを踏んでから”

とありました。なんとなくわかるような気がします。こういうことかな?という想像なんですが、俳詩なんて何十年経っても私にはできそうにない。


小糠雨がしとしと降るなか、小手鞠がぽんと揺れてかわいらしい。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by itiko4747 | 2014-05-23 04:00 | 学んだこと
<< 好きな句 花辛夷 >>



俳句初心者の俳句の記録 そして日々の事も少し
by itiko4747
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31