Top

俳句初心者の俳句の記録 そして日々の事も少し
by itiko4747
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
お休みします
f0339278_14005897.jpg

さぼってばかりの当ブログ、なかなか更新することができずにいます。
それでも見にきてくださり、本当にありがとうございます。
月三回の句会に持っていく句を作るのでやっとです。
いまだに詠むのではなく、作っている状態です(´_`。)


そこで
時間の使い方も下手な事ですし、
写真ブログと俳句ブログをひとつにしよう
と考えました。
句会の句もですが、肩の力を抜いて
もっと視野を広げて詠めるといいなと思っています。

というわけで
これからは写真ブログに自分の句も出していこうと思います。
勇気がいりますが・・。




これまで拙ブログを見てくださった方々、ありがとうございました。
m(_ _)m
(写真ブログは、横→にリンクを貼っています。)









[PR]
# by itiko4747 | 2018-01-30 14:53
冬 - 年の暮れ 北風 冬の星


歳晩の地震の地に降る星明り


地震の町空をあらはに北風吹けり


身ほとりに宿る喪ごころ冬銀河



f0339278_14464058.jpg
星の写真がなくて困りました。

三句とも熊本地震の年(2016年)に詠んだものです。
多くの建物が倒壊し、家の灯りを失った町は
まるでゴーストタウンのようでした。
北風が更地を吹き抜けていく光景に、身も心も凍てつくようでした。
そんな時に更地に三脚を立て、
半分を残して立っている病院を
写真に撮っている若い女性二人の姿を見かけました。
何故か悔しい気持ちでいっぱいに。、、、その時は、です。

それから一年が経ち、更地に新しい家が戻ってきて
灯りも増えてきました。
もうあの寂寞とした景色ではありません。でも
復旧が進めば進むほど、地震の記憶は風化していきそうです。
そんな時こそ外部の人の冷静な目で写し取った写真が生きてきそうです。

北風は「きた」とも読みます。

f0339278_14470774.jpg




[PR]
# by itiko4747 | 2018-01-11 08:00 | 冬 
冬 - 大根引く 冬耕 冬の月


大根の土の匂ひを引きにけり


冬耕や黒き土塊天を向き


雲はらひ冬満月のあがりけり


f0339278_16242903.jpg
拙い句ばかりですが、本年もよろしくお願い申し上げます。






[PR]
# by itiko4747 | 2018-01-08 16:30 | 冬 
冬 - 石蕗の花 八手の花 水仙




f0339278_14011511.jpg

城たりし丘に雨来る石蕗の花
花八手窓にいつもの猫の顔
板塀の朽ちし鈍色野水仙


モデルは我が家のさぶろーです。

[PR]
# by itiko4747 | 2017-12-13 08:00 | 冬 
冬 - 冬菜 南天の実 小春

f0339278_13064953.jpg

山裾に家かたまりし冬菜畑
実南天無人の駅に雨頻り
厄除けの土鈴択りたる小春かな



寒くなりました。こんな日は家に籠って暖かくして、歳時記や句集を開いていたい。といっても年数の経った我が家はとても冷えます。
でも猫はストーブの前で気持ちよさそうに熟睡しています。
歳時記や句集を見ている時はとても幸せですが、自分の句となると最近は・・というより、今もまるで駄目で、
たぶん感動する感性が鈍って(という表現はおかしいかも)いるんだと思います。
句会に出される、私以外の句はみな素晴しいし、ネットで見る某俳句大会の入選句など
目がぱちぱちなってしまいます。

それと冬の句の写真選びにはとても時間がかかります。
確かあの時こんな写真を撮ったはず・・・と探しても見つからない時が多いので
時間も無駄にしてしまうことですし、ならばいっそのこと、撮りに出かけたほうが早いかもしれません。
でもでも、星の写真なんてとれないよ~、とくじけているところです。




[PR]
# by itiko4747 | 2017-12-12 13:26 | 冬 
| ページトップ |


f0339278_10152415.gif
↑メールはこちらからどうぞ



もうひとつのブログです
写真が主です ↓
「いつかみたソラ」
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
タグ
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
"photoblack 3C" Skin
by Animal Skin